規格住宅って何??注文住宅や分譲住宅との違いを把握してお得に家づくりを進めよう!

2021年08月17日

  • 規格住宅とは

    家族の好みや要望を思い通りに設計できる注文住宅は、理想の家づくりが行えるという設計自由度の高さが一番大きな魅力です。しかし、設計自由度が高いということは、すべてを一から決めていかなければならず、その選択肢の多さを負担に感じてしまうこともあるでしょう。
    逆に分譲住宅はすでに売主の建築会社が設計を行った建物を購入するので、負担は軽減されますが、間取りやインテリアの自由度は低く、理想を実現できる物件に巡り合える可能性も高くはありません。

    注文住宅と分譲住宅、どちらにもメリットデメリットがあり、悩まれている方も多いかと思います。

    そうした方に是非知っていただきたいのが「規格住宅」という家づくりの方法です。

    今回は規格住宅とはなんなのか、そのメリットとデメリット、注文住宅や分譲住宅との違いについて詳しく解説させていただきます。

  • 規格住宅と注文住宅・分譲住宅の違い

    家族の好みや要望を思い通りに設計できる注文住宅は、理想の家づくりが行えるという設計自由度の高さが一番大きな魅力です。しかし、設計自由度が高いということは、すべてを一から決めていかなければならず、その選択肢の多さを負担に感じてしまうこともあるでしょう。
    逆に分譲住宅はすでに売主の建築会社が設計を行った建物を購入するので、負担は軽減されますが、間取りやインテリアの自由度は低く、理想を実現できる物件に巡り合える可能性も高くはありません。

    注文住宅と分譲住宅、どちらにもメリットデメリットがあり、悩まれている方も多いかと思います。

    そうした方に是非知っていただきたいのが「規格住宅」という家づくりの方法です。

    今回は規格住宅とはなんなのか、そのメリットとデメリット、注文住宅や分譲住宅との違いについて詳しく解説させていただきます。

  • 規格住宅のメリット

    家族の好みや要望を思い通りに設計できる注文住宅は、理想の家づくりが行えるという設計自由度の高さが一番大きな魅力です。しかし、設計自由度が高いということは、すべてを一から決めていかなければならず、その選択肢の多さを負担に感じてしまうこともあるでしょう。
    逆に分譲住宅はすでに売主の建築会社が設計を行った建物を購入するので、負担は軽減されますが、間取りやインテリアの自由度は低く、理想を実現できる物件に巡り合える可能性も高くはありません。

    注文住宅と分譲住宅、どちらにもメリットデメリットがあり、悩まれている方も多いかと思います。

    そうした方に是非知っていただきたいのが「規格住宅」という家づくりの方法です。

    今回は規格住宅とはなんなのか、そのメリットとデメリット、注文住宅や分譲住宅との違いについて詳しく解説させていただきます。

  • 規格住宅のデメリット

    家族の好みや要望を思い通りに設計できる注文住宅は、理想の家づくりが行えるという設計自由度の高さが一番大きな魅力です。しかし、設計自由度が高いということは、すべてを一から決めていかなければならず、その選択肢の多さを負担に感じてしまうこともあるでしょう。
    逆に分譲住宅はすでに売主の建築会社が設計を行った建物を購入するので、負担は軽減されますが、間取りやインテリアの自由度は低く、理想を実現できる物件に巡り合える可能性も高くはありません。

    注文住宅と分譲住宅、どちらにもメリットデメリットがあり、悩まれている方も多いかと思います。

    そうした方に是非知っていただきたいのが「規格住宅」という家づくりの方法です。

    今回は規格住宅とはなんなのか、そのメリットとデメリット、注文住宅や分譲住宅との違いについて詳しく解説させていただきます。

  • あなた好みを「気軽」に実現されたいなら規格住宅がおすすめ!

    家族の好みや要望を思い通りに設計できる注文住宅は、理想の家づくりが行えるという設計自由度の高さが一番大きな魅力です。しかし、設計自由度が高いということは、すべてを一から決めていかなければならず、その選択肢の多さを負担に感じてしまうこともあるでしょう。
    逆に分譲住宅はすでに売主の建築会社が設計を行った建物を購入するので、負担は軽減されますが、間取りやインテリアの自由度は低く、理想を実現できる物件に巡り合える可能性も高くはありません。

    注文住宅と分譲住宅、どちらにもメリットデメリットがあり、悩まれている方も多いかと思います。

    そうした方に是非知っていただきたいのが「規格住宅」という家づくりの方法です。

    今回は規格住宅とはなんなのか、そのメリットとデメリット、注文住宅や分譲住宅との違いについて詳しく解説させていただきます。

  • TATELIER plusのご紹介

    家族の好みや要望を思い通りに設計できる注文住宅は、理想の家づくりが行えるという設計自由度の高さが一番大きな魅力です。しかし、設計自由度が高いということは、すべてを一から決めていかなければならず、その選択肢の多さを負担に感じてしまうこともあるでしょう。
    逆に分譲住宅はすでに売主の建築会社が設計を行った建物を購入するので、負担は軽減されますが、間取りやインテリアの自由度は低く、理想を実現できる物件に巡り合える可能性も高くはありません。

    注文住宅と分譲住宅、どちらにもメリットデメリットがあり、悩まれている方も多いかと思います。

    そうした方に是非知っていただきたいのが「規格住宅」という家づくりの方法です。

    今回は規格住宅とはなんなのか、そのメリットとデメリット、注文住宅や分譲住宅との違いについて詳しく解説させていただきます。

PAGETOP